​春先、徐々に増え出す蜂たち

春先になると越冬していた蜂たちが動き出し、
山葵の花やオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウから
​蜜や花粉を取り出します。
​気温の上昇にともない、蜂が徐々に増え出します。

養蜂活動

養蜂活動の一部をご紹介します。
​冬場から採蜜後の初夏までの養蜂の一部をご説明します

​厳しい冬の越冬

長野県で越冬をするために、
一箱一箱マルチシートで一つ一つ丁寧に覆い、
巣にはは新聞紙と米袋を当てがい、保温してあげます。

巣箱を二段へ

採蜜が近づくと蜂の増える量も加速します。
巣箱を二段にして、蜂の量を倍にして採蜜をする
​準備に取り掛かります。

転地

採蜜をする場所へ蜂たちを移動させます。
蜂たちは夜になると巣に戻るので、
日暮れに準備をし、夜間に転地をします。

採蜜1

当園では県内7箇所での採蜜を行います。
蜜は午後になると糖度が下がって薄くなってしまうので、
朝の4時から12時まで行います。
​この期間はスタッフも増えて休みなく2ヶ月間続きます。

​採蜜2

効率よく採蜜をする為に遠心分離機や蜂払い機等の
設備は最新のものにしています。
採蜜は時間との勝負ですので、効率化は欠かせない
​課題なのです。

分けだしと王台整理

採蜜が終わり、夏になると、二段の箱を分けて
新しい女王蜂を増やす作業へ移ります。
今後、秋にかけて熊やオオスズメバチ、寄生ダニ等の
​害虫と熱中症との戦いになります。

Copyright © 佐野養蜂園